中部銀次郎「練習の心」其の六

漠然と正面に打っても意味がない。

目標をきちんと決めて打つこと

「練習場シングル」という言葉がある。練習では上手く打てるのに、コースに出るとさっぱりナイスショットが出ないという人だ。こういう人は、「練習場でただ真正面に打っているだけ」と中部さんは看破する。

「練習場で素晴らしいボールを打っている人っていますよね。でも、この人を観察してみると、目標を定めずに、ただ漠然と正面に向かって打っていることが多いのです。上手く当たって真っ直ぐに飛んでくれたらいいと思っているわけですから、クラブが振り切れる。そうなると、遠心力が働いて、スイングやクラブヘッドの軌道が修正されます。だから上手く当たって真っ直ぐに飛んでくれるわけです」

 確かにそうかもしれない。マットに引かれた白線に従って単純にアドレスして、そのまま思い切ってボールを打つ。そんな人は実に多いだろう。

「しかしですね。このような人に目標を決めて打たせたらどうなるでしょう。途端にスイングが崩れて、クラブは振り切れず、目標から大きく外れるショットになるに違いありません。ときにはひどいミスショットになることもあるでしょう。コースでは目標を定めて打つわけですから、目標を定めない練習など何の意味もありません。しかもナイスショットが打てたとしても何の価値もないわけです」

 練習場に行ったら、目標を定めることが何をおいても重要なのだ。

中部銀次郎

「練習場での目標は単に正面ではいけません。右や左に目標を大きく振ってみることです。こうなるとマットの白線に頼ることはできません。目標に対しての飛球線に平行にスタンスを取り、スクエアアドレスをきちんと取る。そうすれば、目標がどこにあってもいつも同じアドレスが取りやすくなります。こうしてしっかりとスイングして目標に飛ばせるように練習することです」

 コースに出れば、ピンはもちろん、グリーンが正面にあることは少ない。こうした目標練習が必ずやコースで生きてくるのだ。

PAGE TOP