YNGゴルフ研究会書斎のゴルフ(2022年2月21日UP)

スウィングのチェックポイントは二つ その1

ステイ・ビハインド・ザ・ボールがポイント

「こんなはずじゃない」とほとんどのゴルファーは自分のスウィングの画像や動画を見て感じるものです。つまりスウィングのイメージと実際の動きがあっていないのです。

スウィングの原理原則は円運動です。理由は人間の体(関節)は丸くしか動かないためです。円運動には、円の中心である頭が固定していることが大前提になります。人間は直立した二足歩行の動物なので単純な円運動はできません。背骨を軸とした回転運動になります。ベン・ホーガンのスウィングプレーンで考えると、クラブヘッドは頭を中心とした円運動で、スウィングプレーンは背骨を軸とした回転運動になります。

頭と背骨が余計な動きをすると、クラブヘッドはボールにスクウェアにあたりません。その最たるものが、頭と背骨(腰)が左右に動くことです。特に注意しなければいけないのが頭と上体の左流れのいわゆる突っ込みスウィングです。アマチュアの多くの人は頭がアドレスした位置より1個分くらい左に流れて、突っ込んだ球たたきのような感じになります。すると頭に繋がっている背骨は独楽の軸がぶれたような感じになり、真っすぐには回りません。頭が左に動けば、背骨も当然左に流れることになります。

中部銀次郎は「スイングで大事なことは二点だけである。“テークバックで右腰がアドレスしたときよりも右に動かすな”と“頭を動かすな”である」と語っています。

たった二つといいますが。これができればほぼスウィングの基本ができあがります。練習場でもコースでも、この二点ができている人は何よりスウィングがスムースでナイスショットになります。この二点ができていない人はぎこちないスウィングでミスショットになっています。特にフォローからフィニッシュのかたちがおかしな感じがします。練習場でまわりの人をじっくり観察してみると、おかしなスウィングの原因がアドレスと、スウィングの頭と右腰にあることがわかります。

テークバックで右腰がアドレスしたときよりも右に動かすな

これは右腰のスウェイです。右腰がスウェイすると、右腰が伸びます。スウィングは下半身と体幹の捻転運動です。体幹を捻転すると右脚・右腰・左わきがねじれます。プロのトップの位置でスラックスの右ポケットあたりにしわができる、シャツの左わきにしわができる、ことでわかります。

雑巾を絞るとねじれてしわができます。それと同じ現象です。ねじったものは縮みます。バックスウィングは右脚・右腰・左わきがねじれるために縮みます。右腰が伸びると下半身と体幹の捻転(ねじれ)ができません。下半身と体幹の捻転(ねじれ)ができなければスウィングのエネルギーが生まれません。この下半身と体幹の捻転(ねじれ)は右脚(右太もも)と右腰(右骨盤)と体幹で生まれます。

2020オリンピック金メダリスト ザンダー・シャウフェレの切り返しの画像です。

・右脚でしっかり腰と体幹の捻転を支えている

・トップでは右脚にしっかり荷重されている

・腰が45度くらい回旋している

・肩は90度以上回旋している

そのとき

・右腰は右足うちくるぶしの上あたり

・頭は右脚太ももの上あたりにあります。

アマチュアの多くはこの右脚への荷重と腰の回旋が不十分です。

「テークバックで右腰がアドレスしたときよりも右に動かさない」とは、右腰を右横に動かさず、右腰を後ろに回すという感じです。そうすることでザンダー・シャウフェレの切り返しのような感じに近づきます。テークバックで右腰がアドレスしたときより右に動くと、テークバックの体幹の捻転ができません。

肩を回すことを意識しすぎると、左肩がボールの後ろまで回らずに、ボールに向かって下に動きます。これは肩が回ったような感じがするだけで肩は回っていません。同時に右腰がスウェイしてしまいます。捻転の感じは、右太ももと腰(下腹部)のねじれあるいはお腹やわき腹のねじれという感じになります。

(次回に続く・・・)

文●柳生田幹久(書斎のゴルフWEBスタッフ)

YNGゴルフ研究会 書斎のゴルフSpirits 2022

PAGE TOP