YNGゴルフ研究会書斎のゴルフ(2023年1月23日)

無意識のゴルフ 4

二つ無意識

 練習場で他の人からアドバイスを求められることがあります。そしてうまくいくときは決まって「あれー、何もしないのにナイスショットになった」と声がでます。

他の人にスウィングを見てくれと言われると、クラブとセットアップのアドバイスしかほとんどしません。クラブがその人の能力と特性にあっているか、正しくセットアップしているかをチェックしてアドバイスするだけです。あとは「何も考えずにスウィングしてください」と言うだけです。

 例えばクラブが軽すぎるときは鉛を貼ってクラブの重さを重くする、クラブが重すぎるときはクラブを短く持つことをアドバイスします。

セットアップではまず骨盤を股関節から前傾する(お尻を突き出す)こと、背中からアドレスをチェックして背骨の左右の傾きを修正します。ほとんどのアマチュアはお尻が落ちた前傾で、背骨が左に傾いているのが特徴です。それを骨盤から前傾し、背骨を少し右に傾く(少なくとも垂直)ようにアドバイスします。するとボールの見え方がまるで違うために「これじゃボールにあたる気がしない」と言われます。そのため、本人にとっては革命的な修正になります。それにあわせてボールの位置をチェックして前後左右(ほとんど右)に修正します。

皆さん「これじゃボールにあたらない気がする」と言いますが、「それがいい構えです。それで何もしないで、(切り返しを)ゆったりスウィングしてみてください」とアドバスします。するとなぜかスムースなスウィングになり、結果としてナイスショットになります。

クラブがその人の能力と特性にあっていない、セットアップが歪んでいるとナイスショットは打てません。それを無視してスウィング(手や腕の使い方)のアドバイスをすると、ミスの上塗りや代償動作(本来の動きではない動き)のアドバイスをすることになります。それを繰り返すとますます下手になってしまいます。

「何もしないでスウィングする」とは、意識していることを忘れて無意識でスウィングすることです。簡単に言えば素振りです。結局スウィングの悪い人はいないようです。今のクラブは手や腕では操作などほとんどできないからです。多くのアマチュアはそれを手や腕で操作しようとしているからミスショットになるようです。しかもそれを無意識でやってしまうのです。

プロのグリップは本当に(生)卵を持つくらいの力加減です。そんな力でクラブを操作することなどできるはずがありません。アマチュアは飛ばす、あるいはナイスショットを打つために手と腕を使います。それを無意識でやっています。人間の意識はまず手と腕に表れます。そのために自己流では無意識で手と腕を使ったスウィングになります。これは目指すべき無意識とは少々異なります。

練習場で見かけるアマチュアのスウィングやコースでのプレーは、そのほとんどがミスの上塗りや代償動作のスウィングです。最近初心者が他の人からアドバイスを受けている光景を見かけます。アドバイスする人は、ほとんど手や腕の使い方、つまりミスの上塗りと代償動作のアドバイスをやっています。セットアップなどの基本的なアドバイスはありません。

クラブとセットアップが適正なら、何も意識しなくてもスムースなスウィングでナイスショットになります。それが無意識のスウィングではないでしょうか。まさに素振りのスウィングです。多くのアマチュアは素振りをしません。だから無意識のスムースなスウィングがどんなものかわからないかもしれません。アマチュアはスウィングで何かを意識しています。それはミスの上塗りや代償動作を意識している危険性があります。というよりほとんどのアマチュアはそれの繰り返しをやっているようです。困ったことはそれをいつしか無意識(クセ)でやっています。

以前、右手の返しばかり気にしている方がいました。スライスですが、いいときは安定したスライスです。周りの人も「スウィングが恰好いい」と言います。しかし、本人は「どうしてもドローを打ちたい」と言います。「スタンスをクローズにして、右手を返さなければ、ドローになります」とアドバイスしました。するとスライスがときどきストレートになります。「ナイスショット」と声をかけると、「あれじゃだめだ。ドローが打ちたい」と言うのです。しばらくしてその方のスウィングを見ると、スタンスをクローズ気味に構えて、さらに右手を返すスウィングをやっていました。右手を返すことが身についてしまい、クセになっているようです。 

無意識の問題で注意しなければいけないことがあります。それが「二つの無意識」です。意識には潜在意識(無意識)と顕在意識(自覚された意識)があります。本来の無意識と、もう一つ練習で身につけてしまった悪しき無意識(クセ)があるのです。

(・・・次回に続く)

文●柳生田幹久(書斎のゴルフWEBスタッフ)

PAGE TOP