YNGゴルフ研究会 書斎のゴルフSpirits その4

ゴルフの練習で大切にしたいもの その4 ボールの位置

 ボビー・ジョーンズは「スランプに陥ったら、ボールの位置を変えてみる」とアドバイスしています。

 練習場でボールの位置をチェックしている人はどれほどいるでしょうか。ボールの位置と飛球の高さのちちがいをチェックしながらアプローチを練習している人はどれほどいるでしょうか。

 3Wが上手く打てない人にボールをからだから1個分遠くに置く、アプローチでダフルという方にボールの位置を少し右にするというアドバイスをすると、すぐにミスがなくなります。

 あるとき「アプローチではボールのどこを見ているか」と尋ねられたことがあります。瞬時に答えられませんでした。そして「ボヤーと見ています」とお答えしました。納得いかない顔をされるので、ボール2個を飛球線に沿ってすこし間をあけて並べて、同時に30Yほどのアプローチを打って、見てもらいました。ボールは球の高さは違いますが、ほぼ同じところに飛んでいきました。尋ねられた方は、ボールの真下にきっちりとウェッジのフロントエッジを入れなければいけない、そのためにはボールのどこを見るかという意味で質問されたそうです。これはインパクトを点として考えていることが原因です。ボールをボヤーと見ているというのは、インパクが線(ゾーン)になるようにスウィングしているためです。そうするとミスが激減します。

 スウィングよりもボールの位置を変えることでミスが激減し、想像以上にスムースなスウィングになり、ナイスショットが増えて、アドレスやグリップまでよくなる可能性があります。練習とは、ボールの位置探し”と言ってもいいくらいです。

ミスショットの多くはボールの位置が原因

 ナイスショットを打つためには、スムースなスウィングがベースです。スムースにスウィングするためには、適正なグリップとセットアップ(スタンス・アドレス・ボールの位置)が大前提です。

 しかし、誰でも適正なグリップとセットアップができるわけではありません。適正なグリップもセットアップも習得するためには相当の努力が必要です。それさえ決まれば、勝手にスムースなスウィングになり、ナイスショットが打てます。

 それではいつまで経ってもナイスショットが打てないと言われそうです。ベン・ホーガンは「自分の思い通りのショットが3回打てたら、それは素晴らしいラウンドだったと言える。」と語っています。100点満点のナイスショットはプロでも難しいのです。ナイスショットにはゴルファーのレベルに応じたものがあります。そのために、よく言われるとおり80点のショットが打てれば十分です。7番アイアンの飛距離が140Yという人は、体調やライや風といった条件に関係なく140Y打とうとします。7番アイアンで130Y打つ80点のショットを心掛けることができれば、スコアは大幅によくなります。「ゴルフは良いショットを打つゲームじゃない。悪いショットをどれだけ打たないか、というゲームなのだ。」ベン・ホーガンがゴルフゲームの真実です。

 初心者・アベレージゴルファーは高いボールがナイスショットだと思い込んでいます。そういう方にトップボールを打って、「ナイスショット」と声をかけると「そーですか」と怪訝な顔をされます。そんなときに「どんなショットがナイスショットだと思いますか」とお尋ねすると「高くて真っすぐに飛ぶショット」という答えが返ってきます。これは欲張りというかかなり高望みな考えです。

 高くて、真っすぐで、飛ぶショットは、たとえシングルゴルファーといえども簡単に打てるわけではありません。こうした期待(欲望)があるために、低いボールを高く上げようとして手を使ったすくい打ち、スライスを真っすぐうとうとして右手をこねる、飛ばそうとして手と腕ばかりを速く振る手打ちになっている人がたくさんいます。そうした手打ちばかりやっているとダフリ、スライス、ヒッカケで低い球を繰り返すことになります。

 ミスショットのなかで一番いけないのがダフリです。ショットの目的はボールを遠くの目標へ運ぶことです。ダフリはボールが前に進みません。もちろんボールは高くは飛びません。一方、トップボールは高くは上がらないもののそこそこ前に進みます。それに何よりボールが曲がりません。運が良ければ、飛距離はナイスショットとあまり変わらないこともあります。アプローチを除けば、トップボールは目的の半分以上を達成した50点か60点のショットです。シングルプレーヤーで80点ショットがナイスショットなら、初心者やアベレージゴルファーにとって50点、60点、70点のショットならナイスショットと言えるのではないでしょうか。数年前にある試合でパー5の2打目を4Wでトップしたボールが見事グリーンをとらえてカップに寄ってバーディーになったことがあります。普段からナイストップはナイスショットと思って練習していた成果でした。

 たとえグリップやスタンス・アドレスが完璧でなくても50点、60点、70点のショットを打つことはできます。そのポイントは“ボールの位置”です。はじめは50点ショットでもボールの位置が適正な位置に近づくだけでショットのレベルは51点になり55点になり60点と上がっていきます。ボールの位置のレベルが上がってくると、スウィングもスムースになり、グリップ・スタンス・アドレスまでもレベルアップしてきます。

ボールの位置の基準

ボールの位置は、基準を決めることがスタートです。その基準は、スウィングプレーンの最下点です。

 ボールの位置の基準を決めずに、ドライバーでは左足かかと線上とかウェッジはスタンスの中央と決めてしまうとグリップ・スタンス・アドレスやスウィングまで歪めて仕舞います。安易にボールの位置を固定して決めるのではなく、ボールの位置の基準(スウィングプレーンの最下点)からボールの位置を考えると、クラブ、ライやその他の状況に応じたショットへの最適なボールの位置への応用もできます。

 スウィングの最下点は、アドレスしたときの左脇の下(あたり)です。最下点は、3Wなどでインパクトのかたちをつくってみるとよく分かります。3Wのインパクトでは左腕とクラブがほぼ垂直に一直線になります。そこが最下点になります。

 ボールの位置は、ティーアップしたドライバーではクラブヘッドがアッパー軌道になるために最下点の左、地面にあるボールはクラブヘッドが直接ボールにコンタクトするために最下点より右になります。フェアウェイウッド、HB、アイアンではクラブが短くなるにつれてボールの位置は右寄りになるのが基本です。フェアウェイウッドでは最下点あたり、HBやアイアンではもう少し右よりになり、ウェッジではスタンス(両打くるぶし)中央あたりがスタンダードになります。

 どのクラブでもボールの位置は左足かかと線上というゴルファーもいます。ジャック・ニクラスはすべてのクラブでボールの位置は左足かかと線上にしていました。

 ボールの位置を変えるゴルファーはアドレス時の両脚への荷重を左右均等に荷重するゴルファーに適しており、常にボールの位置を左足かかと線上にするゴルファーは左脚荷重のアドレスをするゴルファーに適しているようです。どちらのボールの位置でも、スムースなスウィングができるボールの位置が適正なボールの位置ではないでしょうか。ボールの位置はスタンスの幅と荷重のかけ方に関連します。

 ボールの位置とグリップ・スタンス・アドレス・スウィングは密接な関係にあり、どれか一つでも修正するとミスショットが多くなります。ミスが出ても、しっかりと一つ一つ修正していくことが大切なポイントです。自己流のスウィングがそれほど固まっていなければ、ボールの位置を変えるだけで、アドレスやスウィングも格段によくなる可能性があります。

簡単にできるボールの位置のチェック

 ミスショットの原因のほとんどはグリップとセットアップにあります。歪んだグリップ・スタンス・アドレス・ボールの位置で(ナイス)ショット(まぐれ当たり)を打とうとすれば、歪んだスウィングで修正することになります。

 歪んだスタンス(―)×歪んだアドレス(―)×歪んだボールの位置(―)=歪んだセットアップ(―)そこで、歪んだスウィング(―)をすると、歪んだセットアップ(―)×歪んだスウィング(―)=(ナイス)ショット(+)になります。ただし、この(ナイス)ショットは不安定なショットです。5球に1球、10球に1球の(ナイス)ショットはコースでは使えません。これらのミスショットの根本的な原因(グリップとセットアップ)のマイナス(―)を少しでも減らすことに努めれば、ショットの精度が上がります。この精度は、ゴルファーのレベルが上がれば上がるほどシビアになります。そのために上級者になればなるほど、グリップとセットアップを入念にチェックする必要があります。中部銀次郎は“センチミリミリの世界”と呼んでいました。

 車のタイヤの空気圧が左右で違っていたら、車をまっすぐに走らせることはできません。右側のタイヤの空気圧が少なかったらハンドルを左に切り続けなければ真っすぐに走れません。ハンドルを左に切り続けても不安定な走行になります。ましてや高速道路を走れば事故を起こすかもしれません。高速運転はマン振り、フルショットと同じです。時としてOB、池ポチャ、林もあります。アベレージゴルファーがグリップもセットアップも不完全な状態で飛距離を追求するマン振りしてミスショットを打つのは、こうしたことと同じです。

 セットアップ(スタンス・アドレス・ボールの位置)で、もっともチェックしやすいのがボールの位置ではないでしょうか。自分のアドレスは見ることが難しく正確にチェックしにくいものです。スタンスは比較的チェックしやすいのですが、からだはもともと歪んでいて、感覚も人それぞれです。そのためにスタンスも自分では気づかない歪みがあります。

 それに比べてボールの位置はからだの歪みとは別物です。アライメントスティックやクラブでチェックすることで簡単にしかも正確にチェックできます。そのボールの位置から、グリップ・スタンス・アドレスをチェックすることができます。

 スウィングの最下点はアドレスが密接に関連するために注意が必要ですが、スタンスの幅のなかのボールの位置は簡単にチェックできます。スタンス幅のなかでボールの位置は、ティーアップしたドライバーでは最下点の左あたりです。これは、スタンスの幅と荷重にもよりますが、おおむね左足かかと線上のあたりになります。FWはそれよりボール1・2個分右になりクラブに応じて少しずつ右寄りになり、ウェッジではスタンス(両足うちくるぶし)の中央あたりが基準になります。つまりボールの位置は、左足かかと線上からスタンス中央のなかでスムースにスウィングできるところを探します。

 ティーアップするドライバーではティーの高さも要チェックです。これはボールの左右の位置にも関係します。最下点が正確にチェックできる場合は、その最下点より少し左あたりでティーの高さをボールがドライバーの上に半分程度出るくらいを基準として上下に調整してみることで最適なボールの高さが分かります。一番低いティーや一番高いティーでショットしてみると適正な高さがチェックできます。

 からだからのボールの位置はすこし難しくなります。他の人からアドバイスを求められと、まずボールの位置をチェックします。ミスが多いときはたいていボールの位置をからだからボール1個分離すようにアドバイスすると途端にスムースなスウィングでナイスショットになることが多いようです。これには理由があります。調子が悪くなると、どうしても上手くボールにコンタクトしたいという意識が強くなり、目(頭)がボールに近づくために前傾姿勢が深くなり、からだ(頭)が自然とボールに近づいてしまうのです。

 中部銀次郎は「調子が悪いときは前傾姿勢が深くなる」と語っています。そして調子のいいときにからだ(足)とボールとの距離を測ったといいます。ラウンド前の練習はクラブセッティングの中でちょうど中間の長さの2Iで前傾姿勢をチェックし、パッティングでは、パターのソールを地面にぴたりとつけるようにして、前傾姿勢とからだとボールの距離をチェックしていたと語っています。

 たとえ上級者といえども、ボールの位置について自分なりの基準とチェックする方法を持っているとミスを大幅に減らすことができます。

 ベン・ホーガンは「モダン・ゴルフ」でボールの位置についても詳しくアドバイスしています。ドライバーでは少しクローズドスタンスでウェッジではすこしオープンスタンスにしていました。図や文字にすれば“それだけのこと”でしかありません。しかし、“それだけのこと”が分かるまでには想像をはるかにこえる試行錯誤と練習があったのです。たかがボールの位置、されどボールの位置です。決して侮ってはいけません。

ボールの位置によるミスショット

 ボールの位置とミスショットとの関係にはそれなりの傾向があります。

 今の寒い時期は、たいていボールをからだから離すことでスムースなスウィングでナイスショットになります。その理由は、寒いときはからだが縮んで、大きなアドレスとスウィングができず、上手くボールにコンタクトしようとして目(頭)がボールに近づき、前傾が深くなって、からだとボールの距離が縮まるためです。

ボールの位置と主なミス

〇ダフリ;ボールの位置がからだに近過ぎる、ボールの位置が左(右)過ぎる

〇トップ:ボールの位置がからだから遠過ぎる、ボールの位置が右(左)過ぎる

〇ボールが低い;ボールの位置が右(左)過ぎる、ボールの位置がからだから遠過ぎる(近過ぎる)

〇ボールが左右に曲がる;ボールの位置がからだに近過ぎる(遠すぎる)、ボールの位置が左(右)過ぎる

 ドライバーのティーショットで、ボールの位置が左足のかかと線上よりかなり左でボールがドライバーヘッドから1個分高いという人が少なからずいます。この場合は、頭と軸が左に流れた突っ込んだ歪んだスウィングになっていることが多いようです。

 ボールの位置は、これだと決めつけずにスムースにスウィングできる位置を探すことを練習の目的にすると確実に上達できるのではないでしょうか。最初に取り組むテーマとしてボールの位置をチェックしてみてはいかがでしょうか。基準はあくまでスウィングの最下点です。最下点を発見するだけでもかなりレベルアップできると思います。日々の練習の中身が濃いものになるはずです。

クラブ別のスタンスとボールの位置

すべてのクラブで左足かかと線上
クラブごとに変わるボールの位置














ボールの位置の基準はスウィングプレーンの最下点(左わきの下あたり≠左足かかと線上)












PAGE TOP