中部銀次郎 飛ばしの心 其の八

アドレスやスイングを

中部銀次郎

ビデオに撮ってチェックする

 インパクトで強くヒットできるスイング。中部さんはそれを考え、力を入れなくても自然に入るスイングで飛ばしていたわけだが、それもクラブの芯でボールをとらえ、目標に飛ばなければ意味がない。それにはどうすれば良いのか?中部さんが言う。

「アドレスにこだわって欲しい。ミスショットが出たときにスイングがおかしかったのではないかと、スイングチェックをする人が多いですよね。でも、まずはアドレスを疑って欲しい。アドレスが狂っていれば、スイングがおかしくなり、結果ミスショットが出る。だから、アドレスを正すことです」

 自分では正しいと思っているアドレスが、実は間違っていることが多いと中部さんは言うのだ。

「ゴルフは目標に対して真横を向いて打つことが難しい。そのため、多くの人は右を向きやすい。右を向いて真っ直ぐに打とうとすれば、インパクトで左肘が引けてしまう。強くヒットできず、ボールを擦ってしまい、弱々しいスライスとなってしまう。だから、スタンスはもちろん、膝、腰、肩のラインまでスクエアに揃えることが大事になります」

 ボール位置も悪いことが多い。

「ボールは左足かかとから両足の真ん中までに収まっていなければ上手く打てない。しかし、スクエアに構えていないことから、左つま先右足の前にボールを置いてしまい、トップやダフリといったミスをしている人もいる。このことも十分に注意して欲しいのです」

 では、芯に当てるためには?

「これはもうクラブを短く握ればいい。飛ばしたいと長く握っては当たるモノも当たらない。短く握れば多少ヘッドスピードは落ちるかもしれないが、芯に当たるだけ、ナイスショットの確率は上がり、方向性も良くなるのです」

PAGE TOP