百打一郎と申します! 第2ステージ第2回 

『グリップとテーマを持ってプレーする』

『グリップ』

ショートコースデビューの前に師匠の正治さんに確認しておきたかったのが、グリップです。正治さんはグリップについては今まで何も教えてくれませんでした。

 レッスン書を見るとオーバーラッピング、インターロッキング、ナチュラルと言ったグリップのことがいろいろ書いてありました。

 正治さんの答えはグリップの目的は手首を柔らかく使うことだから、どれが正解とも言えない、自分に合ったグリップを一郎君お得意の試行錯誤を繰り返して探すのが良いだろうとのことでした。

 ベン・.ホーガンのスリーナックルグリップが標準グリップとして取り上げられる前は、ナチュラルグリップが一般的だったとのことです。子供に、クラブを渡してボールを打たすと、自然にベースボールグリップで打ちます。

 今のプロでは時松プロがテンフィンガーグリップを採用しています。

 丸山茂樹プロも、オーバーラッピンググリップで親指を故障したあと、テンフィンガーグリップを試みているようです。親指の故障はプロゴルファーの職業病のようです。

 一般的には最初に教わったグリップと異なる事をすることで違和感を覚え、それだけでスイングのスムーズさが失われるので、二度とグリップを変えようとはしません。

 初心者には、限られた練習量でどう「脱力スイング」を習得するかが課題です。どのグリップが自分に向いているのかを試すことも重要です。

 正治さんは「脱力スイング」を行うために、初心者の私に自ら考案した「麻雀ツモグリップ」と「フォックスグリップ」を教えてくれました。

「麻雀ツモグリップ」は麻雀牌をつもるときのつまむ感じでグリップするということです。「フォックスグリップ」は影絵でキツネを作るとき、親指と中指・薬指で顔を、人差し指と小指で耳を作りますが、この指の形でグリップする。これもクラブをつまむ感じになります。変なグリップですが、「思考を脱力」することがキーワードですので、こだわらずにやってみます。

 これらのつまむようなグリップでスイングすると、クラブが飛びそうで心許ないのですが、それが手首を柔らかくするのだと正治さんは言います。「クラブは飛んでしまうくらいがいい。決して指でクラブを握り締めないように」と注意を与えます。やってみると確かに手首はブラブラした感じになり、脱力できます。スイングすると、手に力が入らず、サーッと振ることができます。「思考が脱力」できていくことがわかります。

 さらに正治さんは寄せようとして緊張しやすいアプローチをスムーズに行える「スプリットハンドアプローチ」を教えてくれました。これはダフリ、トップが多い日の応急対処方法としても抜群です。

 スプリットハンドは両手を離したグリップです。左手はいつもと同じですが、右手は左手から離してグリップの下のほうを握ります。こうして箒で掃くようにヘッドを動かしてボールを打ちます。低くテークバックして低く打ち出すためミスが無くなるのです。アイスホッケーのスティックでボールを打つイメージです。ダフリやトップのミスが多いラウンドの時には使ってみて欲しいということでした。こうして、いよいよ今週末は多摩川ゴルフショートコースにデビューということになりました。

 正治さんはコンペの常連さんで会社のお得意先であるさんとさんに声をかけ、ご一緒することになりました。常さんはキァリア15年、110を切るのが目標で、未だにスライスから脱出できずコンペではいつもブービー賞(BBとブービーメーカー(BM)の常連とのことでした。

 弁さんはキァリア25年で90台後半から100前後のスコアで、常さんとブビー争いのライバルだとのことです。おふたりは独学で自分なりのフォームを作り上げ楽しんでいるが、ボールのミート率が悪く、思うように真っ直ぐに飛ばないという悩みを未だに抱えているとのことでした。

『テーマを持ってプレーする』

正治さんは私をランチに誘い、次のような話をしてくれました。次のショートコースのラウンドではテーマを持ってプレーするようにすること。

 テーマを持たないラウンドは意味がないのです。

 ゴルフの上達についてのプロセスに正解はない。言えることは、自分のテーマを追い求め、失敗を繰り返し、経験を積むことで、「これか~」と思える自分なりのヒラメキとフィーリングを感じ取ることが大切なのだと。

 正治さんは言います。

「私はそのプロセスができるだけ早く進むように、自分の経験から得たいろいろなドリルを一郎君に提案している。プロゴルファーでもコーチから提案されるさまざまな練習メニューをこなしながら、試行錯誤して、そのプロセスのなかで自分に一番合ったフィーリングを探し出しているのだ。

 ただ練習場でボールを打っているばかりでは先が見えない。ラウンドすることで次の目標が見えてくるのだ。

 ボビー・ジョーンズは『勝った試合から学ぶことはなく、負けた試合から多くを学んだ』と言っている。たくさん失敗したものが上達するのだ」

 私はその言葉を聞いて気が少し楽になりました。

 正治さんが指示した私のショートコースでのテーマは次の5点でした、

1.ティショットは左への引っ掛けショツトを常に心掛けること。

2.アプロ―チは7番、9番、ユーティリティのランニングに徹すること。

3.パターは3パットでOK。

4.ボールはグリーンへ乗せるのではなく、グリーン手前に運ぶという意識を常に持つこと。

5.ゴルフはゲームだという感覚を覚える。スコアアップとはゲームの「全体像」をマネジメントすることだというイメージを感じとること。

※久富章嗣の追記

 コースマネージメントの重要性を示す事例が、先日開催された女子プロゴルフ、アクサレディースでありました。河本結選手が大会コースレコードを更新する63をマークしましたが、彼女は「めちゃめちゃ調子がいいわけでもないのにこのようなスコアを出せた」「グリーンではピンをターゲットにするのではなくもっと広いスペースで考える」「自分はボギーが多い。球筋を考えてボギーを打ちにくい場所に狙いどころを定める」と述べ、5番、14番であえてグリーンの広い部分を狙い、ピンまでの10mを好調なパットでバーディにしています。マネジメント重視の考えが63のスコアにつながりました。

                            (次回に続く)

文:久富章嗣(ゴルフ向学研究所所長) 編集:島田一郎(書斎のゴルフSTAFF)

写真/スプリットハンドアプローチ『久富ゴルフ・レッスンブック』p112-113引用

※このたび、久富さんのドリルを集めた本『月3回の練習で100を切る!久富ゴルフ・レッスンブック』の電子版がアマゾンより発売されました。オールカラーの改訂版です。『百打一郎と申します!』がよりわかりやすくなること請け合いです。

PAGE TOP